女性の体の悩み改善、資格(ヘアメイク、義肢装具士)を生かした日常に役立つ情報を発信!

ナナログ fromかっしー

身体の悩み

【膝の痛み】効果のある市販膝サポーターの見分け方、注意点【義肢装具士より】

投稿日:

最近、仕事上でよくこんな悩みを患者さんから耳にします。

 

市販品で膝のサポーターを買ったけど痛みが軽減しないなぁ

膝の痛みに効果的なサポーターの見分け方が知りたい!

サポーターのイラスト(医療)
関節痛のイラスト(ひざ)

  

 

この記事を読むと

①効果のある膝サポータの簡単な見分け方

②買う際の注意点

③市販膝サポーターのメリット・デメリット

がわかります。

これから買う方は是非参考に!

既にお手持ちの方は、サポータを手に確認してみて下さい!

 

 

注意)市販の膝サポーターの効果を批判する記事ではありません。

膝の痛みは種類によっては治らないので、一度整形外科の受診をオススメします。また、義肢装具士がいる医療機関では、医師に相談・承諾の上で、効果のある膝サポーターを医療費適応で購入することができます。(ズボン下でも目立ちにくい)

 

 

 

 

①効果のある膝サポータの簡単な見分け方

・膝の両サイドに支柱が入っているもの(樹脂製やアルミ製など)(※重要!)

→歩行時や動作時に発生する、膝が左右へ動揺する動き(膝の痛みを助長する要因)をしっかり支える役割がある。かなり重要!

・バンドやマジックテープでしっかり締め具合を調整できるもの(※あれば更に○)

→しっかり膝の周辺を加圧することで、膝がホールドされて痛みの抑制になる!

 

 

 

②買う際の注意点

 

ただの筒状の布サポーター(加圧バンドなど無いもの)は、気休め程度の効果なので正直オススメしません。(※患者さんの意見も含む)

→加圧は、広い面積よりも、狭い面積(幅)の方が集中的に圧がかかりやすい

例)持ち手が太いバックより、紐のような細い持ち手の方が食い込む

 

 

 

③市販膝サポーターのメリット、デメリット

 

メリット

 →気軽に薬局等で購入できる

 →選定を間違わなければ効果がある

デメリット

 →物によっては効果が気休め程度

 →実物を見ることが出来ない商品もある

 

 

 

まとめ!

・膝の両サイドに支柱が入っているサポーターを選ぶと効果あり!

・マジックテープ等で脱着と加圧ができるものは更に効果あり!

・ただの筒状サポーター(加圧バンドなど無いもの)は気休め程度

・気軽に購入できる分、効果の見極めが大切

 

少しでも選ぶ基準になれば幸いです!

別記事では、医療制度対象の膝サポーターについて深掘りします!

-身体の悩み

Copyright© ナナログ fromかっしー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.